読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファミコン チーターマン2とか

最近あまり聞かなくなりましたが、一時期チーターマン2がファミコン最大のクソゲーと言われていた時期がありました。

はたしてどうなのでしょうか?

確かにチーターマン2はクソゲーかもしれません。しかし私としては、”最大”というのはどうなのでしょうか。

・1992年の割には薄い内容(ロックマン5とかの発売年)

・異常にバグがある。 etc...

一部をいえばこんなところでしょうか。

しかし妥協点もかなりあるはずです。

・非公式である(まあいけないことですがね...)

・未完成

こんなもんでしょうか。

未完成で最大のクソゲー呼ばわりするのはすこしおかしいと私は思うのです。

それならよっぽど「エグゼドエグゼス」や「もっともあぶない刑事」のほうが完成品でなおかつそう古くない時代でクソゲーだと思うのです。(まあどちらもマイクロニクス製だったり..)

もっともあぶない刑事なんて発売一週間後にDQ4ですからね?

開発力も考慮したとしても「マインドシーカー」(ゲームかどうか微妙だけど)や「たけしの挑戦状」(狙った感あるけど)があげられます。

そんなクソゲーがあるなかチーターマン2をファミコン最大のクソゲー呼ばわりするのはどうなのでしょうか。(まあ細かく言うとNES最大のクソゲーですが)

もう少しいろいろなファミコンゲーを今の若い人たちにもしってもらいたいです。

積極的にやれとかそういう意味ではなくて、すこしでも昔のゲームを、数少ない開発者たちの努力の結晶をしって欲しい。それが今の願いです。